瀬戸内のとある島で暮らすしまねこたちの日常を綴ったブログ

せとうちネコネコ団

移植記事

九(ここ)さん子猫を生む&白白(パイパイ)1歳になった! 江田島ネコ日記Vol.16

更新日:

※二分割されている記事は、関連記事の下に四角いオレンジ色のリンクがあります

以前猫の話をしたのは、茶トラ&サビトラがやって来た日でした。

2ヶ月も話題にしてませんでしたね~。

その2匹はすっかりうちに居ついてます。

現在レギュラー4匹体制。

けれど茶トラの茶衣(ちゃい)はオスなので、そのうち出て行くかもしれません。

茶茶(ちゃちゃ)も出て行ったまま帰ってこないし。

サビちゃんの方は雌なので居付きそうです。

 

 

江田島ネコ

 

茶衣ちゃんは警戒心がやや強く、それでいてパワフルな印象。

指でご飯を上げるときは指ごとがぶりとやってきます。

一方のサビちゃんは、ソフトにパクリとしてくれます。

二匹ともまだ警戒していて隙を見ないと捕まえられません。

どちらかというとサビちゃんのほうが従順かな。

写真は横からですが、目も結構パッチリしていて愛嬌がありますよ。

 

 

白白(パイパイ)は一歳に!

 

江田島ネコ

 

2015年8月16日生まれの白白(パイパイ)は一歳になりました。

この子は大きくならないのかすごくスリムです。

あんまりご飯も食べないし、ごはんを食べるのが下手なんですよね~。

けど、セミやバッタを食べたりもしているので、カリカリが好みじゃないだけで、オーガニック志向なのかもしれません(笑)

 

たまに家出をして心配な時もあるのですが、どうやらボス猫を警戒して入って来れないよう。

ボクを見つけると安心して家の中に入ってきます。

 

 

九(ここ)さんが子猫を産んだ!

江田島ネコ

 

これは1週間前の8月22日の状態。

過去最大級に大きいです。

なんだかツチノコっぽい。

 

初産は3匹、前回は2匹でした。

今回は4匹くらいは中に居そうです。

 

いつかな?いつかな?と思って様子を見ていたのですが、本日出産しました。

といっても、子猫の鳴き声を聞いただけです。

ウチは台所と土間だけ開放していて、半外飼いなので、いつも出産は外なのです。

初産の時は納屋の一階でしたが、今回はどうやら納屋の2階で産んだみたい。

子猫のミーという鳴き声だけが聞こえます。

 

本当は上がって行って写真を撮りたいところですが、九(ここ)さんが警戒しているはずなので、ここはじっと我慢です。

ま、二ヶ月もすれば連れてくるでしょう。

 

それはそうと、そろそろ九(ここ)さんの避妊を考えないといけないかもしれません。

10匹くらいは許容範囲ですが、メスを産んじゃうと加速度的に増えそうだし、どこかで手を打たないといけないなと思うのですよ。

このあたりはネコ影が薄いところなので、増えてもさほど支障は出ない気がしますが、適度というものがありますからね~。

-移植記事
-

Copyright© せとうちネコネコ団 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.