瀬戸内のとある島で暮らすしまねこたちの日常を綴ったブログ

せとうちネコネコ団

移植記事

天然のねこタワーで遊ぶネコたち 江田島ネコ日記Vol.6

更新日:

※二分割されている記事は、関連記事の下に四角いオレンジ色のリンクがあります

外ネコを飼っていると、家の中で飼っているネコとは違う一面を見ることが多々あります。

そんな一面がこれ。

天然のねこタワー。

というか、玄関前にある垣根なのですが、ネコが遊ぶにはうってつけの形をしているのです。

夜外に出た時にちょうどこの子たちが遊んでいたので思わず写真を取りました。

 

江田島ネコ

 

実は土間にねこタワーでも置こうかなと思っていたのですが、わざわざ人工のものを買わなくても、これで遊べばいいかと思って買わないことに。

ここ意外にも別の垣根を登ったり、蘇鉄に登ったりしていますよ。

 

ここはもともと九(ここ)さんが単独で登っていたところです。

彼女は自分の居場所を知らせてくれるので、僕を見つけたら一度鳴きます。

さすがに初めての時はどこにいるのかわからずにキョロキョロしました。

きっとドン臭い下僕だと思っていたことでしょう(笑)

 

立木関係だと、この他にも、杉の木で爪とぎをしたりします。

ネコの仕業だと知っていなければ、『何の獣?』って思いますよね。

ちなみにうちの庭にはタヌキとイノシシがやって来ます。

流石にイノシシは目撃したことはありませんが、両者ともうんこをして帰るんですよ、まったく!

あとは、種類の分からない鳥も各種やって来ますね~。

たまに白白(パイパイ)がじ~と鳥を見ているので、いつか殺ってやろうと思っているはずです。

今のところは虫が餌食に・・・。

 

うちは土間だけじゃなく物置と化した離れも開放しているし、木々がたくさん生えているので、遊びには事欠かないようです。

 

-移植記事
-

Copyright© せとうちネコネコ団 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.