瀬戸内のとある島で暮らすしまねこたちの日常を綴ったブログ

せとうちネコネコ団

移植記事

子猫の引っ越し、案の定落下しちゃった

更新日:

※二分割されている記事は、関連記事の下に四角いオレンジ色のリンクがあります

アーリオ&オーリオのときにはずっとこたつの中で子育てをしていたサビちゃん。

今回は3週間弱でお引っ越し。

しかも何を思ったのか、2mの高さがあるロフト状の場所に。

 

 

天井裏風ロフトに子猫

 

 

ここは隣の部屋の押し入れの上に当たる場所で、成猫たちはタンスを伝って上がれるのです。

なんだか不気味な場所なので、この家を購入して以来全く手を付けてない場所でもあります。

まだ歩けないとはいえ、上半身の力を使ってじわじわと移動できる子猫たち。

危険だよな~と思っていたら案の定・・・

落下。

 

 

子猫落下

 

 

落ちたミニさびちゃん。

一気に落ちたわけではないのだろうけど、間違いなく2m下に落下しました。

ネコにとっては想定内のことなんだろうか?

想定内だからあんな場所に引越したんだろうか?

やはり脳みそが小さいから?

色々と謎ですわ。

 

 

子猫の叫び

 

 

そうこうしていると、今度は落下第2弾。

ミニ茶トラちゃん。

この子は実は3回目。

一度は戻してあげて、もう一度はサビちゃんがくわえて上がっていった。

今回の子育てはスパルタ式なのかね?

(外にも猫がいるのわかります?多分オーリオ)

 

 

そしてついに最悪の事態が!

ミニクロちゃんがタンスの隙間に落下。

この時の鳴き声はこれまでよりも悲壮感が漂っていたのですぐに出動。

レスキューを急ぐあまり画像はないのだけれど、その後の状態はこんな感じ↓

 

タンスの間に落下

 

真夜中に大きなタンスを3つも動かすはめに・・・。

おかげで翌日は筋肉痛。

(一連の画像は昼過ぎの撮影)

 

 

 

子猫 平地に避難

 

さすがにロフトは危ないし、タンスの移動は勘弁してほしいので、最初のおうちへ移動。

サビちゃんも納得したようで、その後のお引っ越しはありません。

ネコは子育て中に何度かお引っ越しをするので、まだ予断を許さない状況。

できれば平地に移動してくれ!

もっとも、そろそろ運動能力が高まるので、高いところでも大丈夫になるかも。

 

画像を見てもわかるように、ミニクロちゃんとミニサビちゃんは、まだ足の力がなくて開脚状態です。

一方のミニ茶トラちゃんは、後ろ足の力で歩けるようになりました。

コンパクトに座っているのがその証拠。

アーリオ&オーリオに比べると一週間早いです。

 

ちなみにこの三匹。

全部メスなんですよ。

アーリオ&オーリオは両方ともオスだったので、サビちゃんは産み分けが極端なタイプなのかも。

そろそろ名前をつけないとな~。

-移植記事
-,

Copyright© せとうちネコネコ団 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.